ネットでボクシングトップ > ボクシング質問掲示板トップ > 記事閲覧

パンチを速くコンパクトに
日時: 2013/04/19 23:02
名前: なおきよ

どうもはじめまして。とある高校二年生です。ボクシングを始めて一年がたったのですが、未だに速くコンパクトに打てません。その原因の一つとして力んでしまうという難点があります。ミットの時はそこまで力んでないとジムの方はおっしゃっているのですが、スパーリングになった瞬間にガッチガチに力んでしまいます。そのため捨てパンチや速いパンチがなくすべてが全力ですぐ疲れてしまいます。そして遅いのとガードが甘いためよくカウンターを合わせられたりします。改善するために3キロのアレイを持ちハーフタイムまでシャドーをして残りを何もなしでやってきたものの、その時しかあまり実感が湧きません。コンパクトに打つために鏡をみてやったりするのですが、なかなかスパーリングに生かされません。何かいい改善策はないでしょうか。ご回答よろしくお願いします。
メンテ

Page: 1 |

Re: パンチを速くコンパクトに ( No.1 )
日時: 2013/04/20 21:46
名前: スザク

腕の使い方!
ボクシング目線ではアドバイス出来ないのですが(^^;

普段は卵を握ってるぐらいで、打つ(当てる)時に小指から順に力を入れてみたらスムーズに出来るかもしれないですよ!
剣道目線ですみませんm(__)m
メンテ
Re: パンチを速くコンパクトに ( No.2 )
日時: 2013/04/21 21:09
名前: なおきよ

スザクさんご回答ありがとうございます。剣道目線でも共通するところは多々あるので、問題ないです 今回のアドバイスを意識し練習に励みます!!
メンテ
Re: パンチを速くコンパクトに ( No.3 )
日時: 2013/05/08 00:08
名前: なおきよ

どなたか他に改善策はないでしょうか。よろしくお願いします
メンテ
Re: パンチを速くコンパクトに ( No.4 )
日時: 2013/05/08 16:56
名前: hiro

パンチの回転、パンチ力、スタミナ、どれに関しても「力を抜く」ことですべて解決します。なので、おもりをもってシャドーなんてナンセンスです。
わたしも以前、力んでしまう癖があり、シャドーで鏡を見た際にいかり肩になっていたので、シャドーの時に常に脱力して、なで肩になるように意識することで矯正できました。
ガードが甘い人は選手でも非常に多いです。そもそも、10Rガードをしっかり挙げ続けるようなトレーニングをしている選手がほとんどいないのが現状です。このせいでフィジカルが不十分なので、腕を上げ続けることができないのです。10R打たれながらガードを上げ続けるのはかなり大変なことです。体がついていかない身体能力でいくらやってもできるわけないので、まずはガードを10R上げ続けることができるように肩と背中周辺の筋肉をしっかり鍛えましょう。ネットで調べれば方法はいくらでも出てきます。
あと、パンチが遅いのとカウンターをもらいやすいことはイコールではありません。相手とリズムをずらせばゆるく打ってもカウンターは打たれません。スパーリングで相手をよく観察していれば、相手が絶対手を出す気がない瞬間がわかるようになりますから、そういう瞬間を見極めて打つようにすればカウンターをもらわずに済みますので、スパーリングでしっかり相手を観察することを心がけてください。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存
【 質問される方へ 】
レベルアップQ&Aよくある質問過去ログ(旧質問掲示板)に同じ質問はありませんでしたか?
同じような質問がない場合は、ここで質問して下さい。
そしてスポーツマンとしての基本、答えていただいた方への感謝の気持ちを忘れずに。
掲示板

スポンサー

ネットでボクシング ホーム > ボクシング質問掲示板

since 2001.6.14 --last updated